私はジェラルドになりたい

宝塚中心。ときどきお笑いも。野球も好き。

最後の最後で瀬戸かずやに落ちる【『アウグストゥス/Cool Beast!!』を観て】

『ル・ポァゾン』観劇感想が未だのなか前後してしまいますが、こちらは今日書かないと後が無いので。

 

先日、宝塚歌劇団花組公演『アウグストゥス/Cool Beast!!』を観てきました。

正直お芝居の題材には触手が伸びなかったのですが、あきらさん(瀬戸かずや)のラストは観ておかなければ後悔するような気がして。

 

 

結果、逆に後悔しました。

あきらさんのことを思いっきり好きになってしまいました。

いまさら気が付くなんて、あまりにも遅すぎるではありませんか。

 

今までも好きなスターさんではありました。

しかし今回、今まで抱いていた漠然とした思いとは性質の違う強い感情が走りました。

その魅力についてはいわずもがな。私の言葉では陳腐化させてしまうだけになりかねないので語ることは避けます。

退団公演はいっそう輝きを増すというのもあるのかもしれません。

とにかくあまりにも男役で、彼女の男役が見られるのがこの公演で最後だということを脳が受理してくれませんでした。観劇中、なるべくそれを意識するようにしていたのですが、そうすると脳が混乱するのを感じました。

 

ああ、もっともっと彼女の男役を観たかった。

なぜもっと早く気が付かなかったのか。悔やんでも悔やみきれません。

 

しかし、気付かぬまま過ぎるよりは幸福だったに違いありません。

たしかに真面目に花組を観賞してこなかった過去には後悔が生じましたが、それよりもずっと大きな財産が、将来にわたって心に残るのだと思いたいです。

ひとりのスターの偉大さを心から噛み締められる経験は、そうそうないのですから。

 

出待ちがあれば、九分九厘千秋楽のお見送りにギャラリーとして参加していたことでしょう。

そうすることで、思いもだいぶ昇華させることができたでしょうに。

こんなに悲しいたらればはありません。

ここ数日悶々と過ごしてきました。

 

手持ちのグラフをあさったり、新たにRISING STAR GUIDE 2012を手配したり(未着)して、少しは気が紛れました。

しかしそれでも、何もしないよりはマシという程度。

もう少し動かなければまた後悔が増えると直感しました。

 

そして活路を見出したのがライブビューイングでした。

もともとライビュや配信の利用には消極的ですし、今回は既に円盤も購入しているので端から選択肢から外してしまっていたのですが、そういえばさよならショーと退団者挨拶というものがあったではないですか!

これが観られれば、成仏できる確立がだいぶ高まりそうです。

 

ただ、生活感の無い空間で観たいので配信よりライビュ派なのですが、最寄の映画館が売り切れで手段を決めかねているところがありました。

それが今晩のぞいたところ、戻り分があったのか△表示になっていたのです。

これはもう、天にも背中を押されているのだと解釈するよりほかにありませんでした。笑

前方なので首が疲れること必至ですが、後ろで落ち着いて観るよりもむしろ好みです。受けて立ちましょう!

 

そのようなわけで明日、というより今日!、あきらさんの集大成を画面越しながら見届けてきます。

最後の幕が下りるまで平穏無事であることを願うばかりです。

 

アウグストゥス/Cool Beast!!』自体の感想は後日。

一応書き始めてはいるので、いつかはアップできるはず。はず…。